スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒアルロン酸の働き 

ヒアルロン酸は、化粧品や医薬品、そして食品などにも使用されている成分なので、意外と身近に存在するものなのです。
とくに、化粧品と医薬品においては、保水性だけではなく、ヒアルロン酸のもつ特性が活用されています。
赤ちゃんの肌は、とてもみずみずしくてハリがありますよね。
それは、ヒアルロン酸が多く含まれているからなのです。
優れた保水力をもつヒアルロン酸は、皮膚に潤いを与えるために、化粧水や入浴剤、スキンクリームなどに使用されています。
また、洗眼液や洗口液にも使用されています。
医薬品には、高純度のヒアルロン酸が使用されています。
ヒアルロン酸のさまざまな特性を活かして、眼科手術補助剤や点眼剤、関節機能改善剤など使用されています。
私たちの体内にも、ヒアルロン酸は広く存在しています。
部位によってその濃度は異なりますが、特に皮膚やへその緒、目の中の硝子体、関節液などで、濃度が高くなっています。
皮膚は表皮、真皮、脂肪層の3つの層に分かれていますが、その表皮の下にある真皮は、厚みが表皮の約10倍あり、多くのヒアルロン酸を含んでいて、肌が乾燥しないように働いています。
目の中の硝子体は、眼球の水晶体後方にある透明なゼリー状の組織で、たくさんのヒアルロン酸が含まれており、眼球を丸い状態に保つ働きをしています また、関節内の関節液には、たくさんのヒアルロン酸が含まれていて、関節の動きをスムーズにするに働きをしています。

ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。