スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い 

美容整形では、ヒアルロン酸とコラーゲンを注入する治療が行なわれていますが、その違いは何なのでしょう。
コラーゲンは、美容整形においてヒアルロン酸と同じような効果があるとされていますが、それぞれに特徴があります。
ヒアルロン酸もコラーゲンも、手軽に美容整形を受けることができます。
また、これらを注射したり注入したりすることによって、体の中に取り入れるという点は同じです。
では、ヒアルロン酸もコラーゲンには、どのような違いがあるのでしょうか。
ヒアルロン酸を注入した場合のメリットは、通常、ヒアルロン酸の方が、コラーゲンよりも持続時間が長いことです。
また、コラーゲンは柔らかく、鼻を高くしたい場合など、ある程度の固さが必要となる美容整形には不向きですが、ヒアルロン酸を使用すればそのような整形も可能です。
さらに、コラーゲンを使用する場合は、事前にアレルギー反応の検査をする必要がありますが、ヒアルロン酸では、アレルギー反応がほとんど起こりません。
コラーゲンを注入した場合のメリットとしては、コラーゲンは柔らかいので、周りの組織になじみやすいことです。
また、ほとんど痛みが現れることがありませんし、費用も比較的に安いです。
コラーゲンとヒアルロン酸とでは、効果が同じように思われますが、実際の美容整形では、治療する部位や症状によって使い分けられています。
美容整形を受けるときに、もし、気になる事がある場合は、事前に医師に相談してください。

ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。