スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天然ヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸 

ヒアルロン酸の化粧品やサプリメントは、顔に塗ったり、飲んで体に入れたりするので、完全に安心できるものであることが望ましいですよね。
それでは、あなたが使っていたり、飲んでいたりしているヒアルロン酸は、どんなものから作られているか知っていますか? 最近では、野菜などの生鮮食品では、生産した人の顔がわかるような商品が多くなってきています。
ところが、化粧品やサプリメントにおいては、あまりそれが浸透していないのが現状です。
また、ヒアルロン酸には、天然のものと人工のものがあることを知っていますか? 動物の天然成分か作られる「天然ヒアルロン酸」と、バイオ製法で人工的に作られた「人工ヒアルロン酸」があります。
人間の体内には、天然のヒアルロン酸が存在していますが、動物も同様に、牛や鶏のトサカなどに多くの天然ヒアルロン酸が含まれています。
人工ヒアルロン酸は、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)という微生物などから、バイオ製法によって、ヒアルロン酸を製造しています。
この製法だと、大量に製造することができ、安い価格で販売されています。
ところが、安全面を考慮するのなら、「ECM・E」という特許表示がされているヒアルロン酸を選ぶと良いでしょう。
実は、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)とは、「人食いバクテリア」とも呼ばれており、扁桃炎や急性咽頭炎、中耳炎などの症状を起こすことのある菌類です。
それを、バイオ製法によって、そこからヒアルロン酸を作り出しているのです。
飲むヒアルロン酸は、直接私たちの体に摂り入れるものなので、人工的に作られたものなのか、天然由来のものなのか、しっかりと成分表示を確認することが大切です。
安心して飲むには、なるべく天然ヒアルロン酸成分を含んだものを選ぶようにしましょう。

ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。