スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒアルロン酸とは・・・ 

ヒアルロン酸」は、ムコ多糖類という細胞同士をつなげて、体の機能をスムーズにするための成分です。

また、ムコ多糖類は、タンパク質と結合することで、細胞の隙間を埋める働きもします。

つまり、肌の保湿や柔軟性を保持する役割をしているのです。


ヒアルロン酸は、人の皮膚の50%に存在しており、水分を蓄えておく力が強いです。

ムコ多糖類が減ると、体のあちこちに痛みを感じたり、肌にハリがなくなったりといった、老化現象が進んでしまいます。


もし、肌に潤いがなくなった気がする、肌が乾燥したり荒れたりしている、膝などの関節が痛む、目が乾燥する、といったことが気になるのなら、ヒアルロン酸が不足している可能性があります。

ヒアルロン酸が不足すると、肌は水分不足となり、乾燥してしまいがちです。

また、関節や目にトラブルを引き起こすこともあります。

さらにこれらは、体を老化させる原因となります。


健康食品として、ヒアルロン酸が注目を浴びるようになったのは、食用ヒアルロン酸を投与した女性のほとんどが、手足や顔の肌荒れが改善した、ハリや潤いが現れた、という実験結果からです。

機械による保湿試験においても、水分を保持する機能の上昇が確認でき、生理痛の緩和、肩こりや腰痛、関節痛などの改善もみられました。

また、糖尿病に有効であることもわかっています。


補給されたヒアロルン酸は、そのまま細胞組織にならずに、消化吸収され体内の代謝によって再び合成されます。

そのため、よりヒアロルン酸を吸収しやすくするには、サプリメントによって摂取するのがおすすめです。

サプリメントは、低分子加工されているので、効果的に吸収できます。

少量のサプリメントを、毎日続けて摂取することが大切です。



スポンサーサイト
ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)

ヒアルロン酸の健康食品は安全? 

ヒアルロン酸は、脊椎動物の全てに存在していて、皮や結合組織にも広い範囲で存在しています。
昔から、私たち人間が食べてきた食物には、多くのヒアルロン酸が含まれています。
たとえば、鶏肉は皮の部分も一緒に食べることが多いと思います。
また、中国やフランスでは、料理に鶏のトサカを食材として使用してきたとこもあります。
ただ、健康食品などには、ヒアルロン酸が非常に高い濃度で含まれているので、普段の食事で摂取する量に比べてかなり多くなってしまいます。
それでは、大量にヒアルロン酸を摂取しても危険ではないのでしょうか? 体質によって、高度に精製加工された食品を大量に摂った場合、拒否反応が現れることがあります。
ヒアルロン酸においても、それを否定できません。
しかし、ヒアルロン酸は、有効な医薬品の成分として認められているので、その安全性が厳密な条件によって明確になっています。
また、ヒアルロン酸が含まれた健康食品で、これまで健康被害の報告はとくにないので、一般のサプリメントと同じように、安心して摂取することができるでしょう。
臨床試験の報告によると、1日に120mg摂取した場合に、皮膚の荒れやシワが改善し、水分が上昇したことなどが確認されました。
そのことから、ヒアルロン酸を健康食品として摂取する場合、1日に120mgが目安だと報告されています。
ただし、あくまでも健康食品なので、摂取量は目安ということを覚えておきましょう。

ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)

ヒアルロン酸の働き 

ヒアルロン酸は、化粧品や医薬品、そして食品などにも使用されている成分なので、意外と身近に存在するものなのです。
とくに、化粧品と医薬品においては、保水性だけではなく、ヒアルロン酸のもつ特性が活用されています。
赤ちゃんの肌は、とてもみずみずしくてハリがありますよね。
それは、ヒアルロン酸が多く含まれているからなのです。
優れた保水力をもつヒアルロン酸は、皮膚に潤いを与えるために、化粧水や入浴剤、スキンクリームなどに使用されています。
また、洗眼液や洗口液にも使用されています。
医薬品には、高純度のヒアルロン酸が使用されています。
ヒアルロン酸のさまざまな特性を活かして、眼科手術補助剤や点眼剤、関節機能改善剤など使用されています。
私たちの体内にも、ヒアルロン酸は広く存在しています。
部位によってその濃度は異なりますが、特に皮膚やへその緒、目の中の硝子体、関節液などで、濃度が高くなっています。
皮膚は表皮、真皮、脂肪層の3つの層に分かれていますが、その表皮の下にある真皮は、厚みが表皮の約10倍あり、多くのヒアルロン酸を含んでいて、肌が乾燥しないように働いています。
目の中の硝子体は、眼球の水晶体後方にある透明なゼリー状の組織で、たくさんのヒアルロン酸が含まれており、眼球を丸い状態に保つ働きをしています また、関節内の関節液には、たくさんのヒアルロン酸が含まれていて、関節の動きをスムーズにするに働きをしています。

ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)

ヒアルロン酸の効果 

ヒアルロン酸は、体内の細胞を潤し、細胞内の奥まで、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養素を浸透させます。
そして、肌をなめらかで美しい状態に整えて、体質を改善させる役割を果たしています。
人間の体は70%が水分で、60兆ある細胞の隙間を、ムコ多糖というネバネバの物質が埋めています。
その中でもヒアルロン酸ムコ多糖は、保水力が非常に優れており、体内に水分を保ち形成しています。
タンパク質の一種であるコラーゲンは皮膚にハリを与え、ヒアルロン酸は皮膚に潤いを与えます。
ヒアルロン酸が不足すると、人間の皮膚はカサカサになってきます。
また、皮膚の弾力もなくなり、シワが出てきます。
ヒアルロン酸には美容以外の効果もあります。
ヒアルロン酸には、更年期障害を改善させたり、卵巣の働きを助けたりするといった効果もあります。
また、生理痛を緩和したり、性器の老化症を改善したりする効果もあります。
老化に伴って、動脈硬化が促進されますが、ヒアルロン酸は、その動脈硬化を改善させる働きをします。
さらには、血管の老化を防いだり、骨粗鬆症を予防したりします。
身体の老化を促したり、生活習慣病などを引き起こしたりする「活性酸素」を取り除く効果もあることがわかっています。
また、ヒアルロン酸は、β-カロチンの協力により、紫外線をカットする働きをするので、シミやそばかすの生成を防ぎます。
このように、ヒアルロン酸は、女性にとってなくてはならに存在なのです。

ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)

ヒアルロン酸と加齢 

ヒアルロン酸は、保水力に優れていますが、加齢と共に体の中から減少していってしまいます。
そのため、年を取ると、皮膚の潤いやハリがなくなってくるのです。
そこで、効果的にヒアルロン酸を摂取し、補給することで、皮膚の保湿力をアップさせる必要があります。
そうすることで、潤いとハリのあるみずみずしい美肌を実現させることができるのです。
ヒアルロン酸が不足すると、肌の保湿性や弾力性、潤いが失われてしまい、たるみやシワ、シミを生成させる原因になってしまいます。
また、腰痛や関節痛、老眼などの症状が表れることがあります。
これらの症状が現れる部分は、ヒアルロン酸の量がもともと多く存在しています。
そのため、加齢によって減少したヒアルロン酸の分は、サプリメントを摂取するなど、外から補給する必要があるのです。
ヒアルロン酸は、生体の細胞間をつなげることで、一つ一つの機能をスムーズに働かせる役目を果たします。
そして、肌の潤いやハリを維持する効果があります。
また、美容効果だけでなく、腰痛や関節痛を予防する効果も期待できます。
体内に存在するヒアルロン酸は、年を取ると共に減少し、40代以降になると急激に減少してきます。
そこで、ヒアルロン酸を外から摂取することで、この原因が緩和されます。
そのため、ヒアルロン酸は、美容と健康に広く活用されており、女性から注目を浴びるようになりました。
また、ヒアルロン酸が多く含まれている食材は、豚足や鶏肉の皮などで、普段使用する食材にはあまり含まれていません。
そこで、サプリメントなどからヒアルロン酸を摂取するのがおすすめです。

ヒアルロン酸 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。